活性炭では臭いは消えない!金魚水槽の生臭い臭いの対策

少し、忙しい日が続き金魚水槽のお世話ができないと急に生臭い臭いを発生が起きます

名人の金魚愛好家の家では沢山の水槽やトロ舟で管理は毎日されているので、臭いは一切感じません

管理ができていないと臭いが発生するというのは間違いない事実です

金魚水槽の生臭い臭いの対策についてまとめてみました

 

金魚水槽のニオイは管理不足

ガラスや壁面につく苔のニオイ

水を抜くととんでもなく嫌な臭いを経験した人は多数いらしゃると思います

そうです

ガラスの壁面につく苔のニオイです

生臭いにおいは苔が原因の場合が多いです

色々試してみましたが100均で販売しているメラミンスポンジがガラス水槽を傷めずに苔を取り除いてくれます

メラニンスポンジはミクロ単位の発泡化させたメラミン樹脂です

ガラスや壁面につく苔のニオイ

水槽のガラスの透明度がなくなってきたら掃除のサインです

 

活性炭では臭いは消えない

活性炭では臭いは消えない

いろいろなサイトで活性炭で臭いは消えると発信されている方が多いですが、色々購入して試しましたが活性炭では臭いは消えないということは断言できます

おすすめ活性炭10選って絶対全部使っていないだろうと思っても、ついつい購入しても効果はほとんどありませんでした

活性炭で臭いが消えたという方はコメント下さい!

 

『餌の与えすぎ』『金魚のいれすぎ』が原因?

餌の与えすぎ、金魚のいれすぎが原因なの?

そもそも、大きな水槽で1匹の金魚を飼っていればそりゃ汚れないでしょう!

ある程度の数も入れたいし、餌もしっかり与えて大きく育てたいから金魚を飼っているのではないかと思います

それより、見ごたえある水槽を綺麗に保ちたい方法ってどんなことがあるのか追求したいところです

 

毎日、少しでも水を入れ替えると臭いは急激に減ります

池や川は毎日少しずつ水は入れ替わっています

だから、池や川はニオイを発生することはありません

また、100年続くうなぎ屋さんのタレは毎日継ぎ足されていて、ほぼ1ヵ月~2ヵ月でタレの中身は新しいタレにすべて入れ替わっているそうです

100年前のタレはまず残っていないということを実験でやっていました

金魚を飼育していると水質の問題はなかなか解決しませんが、90cm水槽(166㍑)で毎日バケツ1杯(6㍑)を入れ替えるだけでかなり臭いはなくなります

残念ながら全くゼロということはありません

 

効果的な金魚水槽のニオイ対策

バケツ1枚の水にカルキ抜きとテトラの水リサイクルがおすすめ

毎日のバケツ1杯の水にカルキ抜きとテトラのアクアセイフを数滴いれて、バケツ一杯の水を入れ替えることで水質管理が非常にしやすいです

テトラの水リサイクルは汚れの原因(硝酸塩)に対してキレイな水に戻す効果と臭いの元になる苔の発生を抑える効果があります

さらに、ビタミン、ミネラルが金魚の健康を保ちます

 

 

 水流とエアーを強めにする

 水流とエアーを強めにする

水が滞ると臭いが発生します

できるだけ金魚の負担にならない程度で強めのエアーをかけ水流を付けます

糞やゴミが水槽の底に滞留していると水は一気に悪化します

水槽の水は流れを付けることで臭いを抑えることができます

投込み式濾過の場合、スポンジフィルターの方がエアーを強くしても安定しています

懐古堂のスポンジフィルター目の粗さの効果の違い

 

糞が底に落ちていない

 

コンセント芳香剤がおすすめ

コンセント芳香剤がおすすめ

通常の芳香剤ではなかなか、金魚水槽のニオイはおさえることができません

最近ではコンセント芳香剤は24時間安定して消臭と臭いを出し続けてくれます

電気代も1ヵ月つけぱなしで30円程度と経済的です

 

スポンジを毎日洗う

スポンジを毎日洗う

スポンジを1日一回飼育水ですすぐだけです

糞がスポンジに着くとバクテリアが働くのと同時に腐敗も始まります

臭いの元になります

毎日、スポンジに着いた糞やゴミを取り除くだけで臭いを抑えることができます

 

まとめ

金魚の水槽のニオイは非常に嫌なものです

ただ、活性炭を入れるだけで臭いは消えることはありません

また、金魚の数や濾過能力アップしただけでも臭いは消えることはありません

飼育環境によって方法は違いますが、効果的なやりかたを見つけてみてください

 

 

この記事を書いた人