水質改善のポイント

金魚の色を上げるためにはどうしたらいいの

金魚の色を上げるためにはどうしたらいいの

 

金魚の色を上げることによって非常に金魚は綺麗に輝いて行きます養魚場によっては金魚の色をあげるというのは一子相伝で教えていただくことはなかなかできないものが一般的ですがええとごくごく一般的な金魚の色揚げについてまとめてみました

 

やはり金魚一番重要なのは遺伝的な要素になります

 

 

大阪らんちゅうという金魚品種をずっと買っていますが色の色彩については濃い赤の者もいれば薄い赤のものをまたオレンジ系統の色など色には数種類の金魚のタイプがいますただ元々の金魚は全て同じブリーダーの方から頂いたものなんですが

 

大阪らんちゅうの金魚を散乱させる時何パターンかえお家の金魚選びますがやはり8オスメスの要素を子供は大きく受け継いでいきます

 

実際に育てていくと親にそっくりな子供が生まれさらに親そっくりのよタイヤ色ができてくることが非常に多いです

 

薄い金魚の目の色はなかなか色揚げ剤を使ったり飼育環境だけではなかなかええ色を上げるということは難しいのが事実たいです

 

色揚げの要素の餌を与える

色揚げの要素の餌を与える

 

遺伝的な要素が非常に強い金魚ではありますがその金魚の出来る限り色を濃くする方法としては餌というのが一番大事です

 

金魚の赤は アスタキサンチンという物質が金魚の表面で赤の色素を発酵させているのですがそれを濃くするには各社色揚げの餌を作っていますやはり与え続けると効果は非常に出てきます

その中で評価が高いのは咲きひかり艶姿という色揚げの餌を使うことが一番効果的です通常の餌に比べてやはりお値段ではいは高いのですが利用する価値は非常にあります

 

人によってはクロレラを餌として与える方もいらっしゃいますこれはカロチノイドという植物性プランクトンに含まれている色揚げ効果のある物質を強制的に餌として与えることによって色上げ効果があります

 

クロレラを使って色分けをされてらっしゃる方の真似をして一度クロレラを使ってみたことはありますが自分ではあまり効果はなかったのが実際です

 

 

外での飼育

 

 

外での飼育は非常に色が良くなって見違える美しさが出ます

 

また2、3日で外で飼育するとみどり水になってその水で飼育する

魚体を美しくなっていきます綺麗な状態で毎日金魚見たいという方には難しいんですがあの非常に一度行っていただいたらこんなに綺麗に行くなるもんだと思われるのではないかなとは思います

 

水槽飼育であってもたまに外で飼育することによって金魚の良さが出てくると思いますので試しにやってみてはいかがでしょうか

 

ただ外での飼育は非常に危険も多く取り入れの被害や害虫での被害またあのイタチなどの被害も考えられますので非常に強固な網などで金魚が食べられないような形にしないとやらないほうがいいです

 

 

環境を変える

外での飼育

金魚の場合も周りの色に合わせるという性質があるようであの入れ物は薄い色より濃い色を使うことによって非常に色がはっきりしやすいと言いますが

 

私は苦労の入れ物を使って飼育しているケースなすの

 

多少ではありますが色揚げの効果はあります

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

 

金魚の飼育においてやはり色をあげるというのは非常に重要です

 

色揚げが上手な方はやはり状態があまり良くなくても色が濃いだけですごく良い企業に見えてしまうのが不思議です

 

金魚の飼育は自分の好みの金魚を作り出すという点においているあげという技術は必要になりますので是非ご自身での色分けのパターンを作り上げてください

関連記事