小麦胚芽が金魚の餌として優れている理由とは

春・秋など水温が乱れている時期には消化・吸収が弱い金魚には優しい餌を与えたいものです

日本では小麦胚芽が金魚の餌としてよく利用されていました

胚芽は消化吸収がよく、低水温時でも与えられる餌になります

小麦胚芽とは何

小麦胚芽とは

小麦胚芽は小麦全体の約2%としか取れない部分になります

  • 胚乳(小麦粉)約83%
  • 外皮(ふすま・オールブラン)約15%
  • 胚芽 約2%

小麦は3種類の部位で構成されています

胚芽は植物の芽になる部分になるので栄養素が多い事で知られています

 

小麦胚芽の栄養価

フランスでは『栄養の宝石』とも呼ばれるほど小麦胚芽は栄養価は非常に高く特別な食品になっています

小麦と小麦胚芽の違い

小麦粉(薄力粉) 小麦胚芽
蛋白質 8.3g 32.0g
食物繊維 2.5g 14.3g
カルシウム 20mg 42mg
マグネシウム 12mg 310mg
0.5mg 9.4mg
亜鉛 0.08mg 15.9mg
α-トコフェロール 28.3mg
ビタミンB1 0.11mg 1.82mg
ビタミンB2 0.03mg 0.71mg
ナイアシン 0.6mg 4.2mg
ビタミンB6 1.24mg

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より(100g当たり)

断然に小麦胚芽は栄養価の宝庫になります

 

小麦胚芽が消化にいい訳

小麦胚芽が消化にいい訳

小麦胚芽は食物繊維が多く消化にはいい餌になります

金魚は雑食性のために動物性の餌だけでなく、植物性蛋白質である小麦胚芽が加わることで消化吸収がよくなります

小麦胚芽の入った餌は金魚にとっては非常に優れた餌になり、低水温時だけでなく1年じゅう与えることで立派な金魚に育てることができます

金魚は小麦を消化できないのでは?

という話が一部でありますが、金魚のような雑食性の場合は小麦を配合することでより消化吸収がしやすいようです

小麦を排除した高級餌もありますが、配合していることで消化吸収を助ける役割もあるようです

特に小麦胚芽は食物繊維が多いので効果も高いと言われています

 

ミシロ 彩金魚の評価は

ミシロ 彩金魚の評価は

鳥取県境港市にある株式会社ミシロはランチュウ愛好家などに人気の彩金魚を発売されています

健康的に金魚を飼育することができる彩金魚はどのような餌でしょうか?

金魚の免疫力アップ

金魚の免疫力アップ

商品の裏面にもかかれている免疫力・飼料効率・肝機能強化などあまり他の餌メーカーには書かれていないことが書かれています

胚芽を与えることで内臓脂肪を少なくすることで健康的な金魚を育てることができるという餌になります

農業関連商品を販売されているミシロ社だから考えられた独自の餌になります

 

低水温対応で消化・吸収がいい

低水温対応で消化・吸収がいい

金魚飼育で低水温時に与えることができる餌は非常に少ないです

低水温(12℃)で与えることができると表記されています

食物繊維の多い小麦胚芽を配合することで消化にいい餌を実現されています

 

魚体にツヤ・テリが増す

魚体にツヤ・テリが増す

魚コラーゲン、海藻粉末、植物ミネラルを配合されていて栄養素が入っています

健康的な金魚は栄養素も大事ですが、魚体が非常にツヤがあり美しいです

健康的に飼育する重要性がよくわかります

 

2重包装が嬉しい

2重包装が嬉しい

2重包装されている金魚の餌ははじめてです

非常に大事に餌を取り扱っていますね

胚芽入りの金魚の餌

ミニペット胚芽

蛋白質 脂質 粗繊維 水分 灰分 りん
32%以上 4.0%以上 4.0%以下 10%以下 12%以下 0.7%以上

原材料

小麦胚芽、フィッシュミール、かしこ、グルテンミール、小麦粉、小麦ふすま、でんぷん類、ビール酵母、海藻粉末、ガーリック、米ぬか、ビタミン類(塩化コリン,E,C,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン)、ミネラル類(Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)、食用色素(赤3)

  • 小麦胚芽を配合しているために消化吸収を助けます
  • 低水温でも安心して与えることができます
  • ビタミンを豊富に添加されていますので、健康的に育ちます
  • 姉妹品の色揚げ用・増体用と合わせて与えることで栄養バランス(ビタミンE/リノール酸)がよくなります

 

きんぎょのえさ5つの力 胚芽

蛋白質 脂質 粗繊維 水分 灰分 りん
32%以上 4.0%以上 5.0%以下 10%以下 12%以下 0.7%以上
小麦粉、フィッシュミール、大豆ミール、かしこ、小麦胚芽、とうもろこし、粉末セルロース、アルファルファミール、植物油、ビール酵母、海藻粉末、ココアパウダー、梅エキス、生菌剤、納豆菌・乳酸菌・酵母菌発酵抽出物、ビタミン類(塩化コリン,E,C,イノシトール,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン)、ミネラル類(P,食塩,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)
  • ひかり菌・納豆菌・乳酸菌・酵母菌・梅エキスが健康の維持をします
  • 小麦胚芽とココアを配合して低水温時でも消化がいいです
  • 糞の分解で臭いを押さえます
  • にごりを抑える餌です
  • 毎日善玉菌を与えることができます

 

らんちゅうディスク良消化

蛋白質 脂質 粗繊維 水分 灰分 りん
30%以上 4.0%以上 3.0%以下 10%以下 12%以下 1.0%以上
小麦胚芽、フィッシュミール、かしこ、小麦粉、、小麦ふすま、グルテンミール、植物油、ビール酵母、海藻粉末、梅エキス、ガーリック、米ぬか、納豆菌・乳酸菌・酵母菌発酵抽出物、ビタミン類(塩化コリン,E,C,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン)、ミネラル類(Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)
  • 消化にいい発酵魚粉をつかっているために臭いが強い
  • 納豆菌・乳酸菌・酵母菌で消化にいい
  • 小麦胚芽を使っているので1年中安心して与えることができる
  • 梅エキス配合でクエン酸効果で体調維持をサポートする

 

咲ひかり金魚 色揚 浮上

蛋白質 脂質 粗繊維 水分 灰分 りん
45%以上 5.0%以上 3.0%以下 10%以下 20%以下 1.8%以上
フィッシュミール、でんぷん類、小麦胚芽、ビール酵母、大豆ミール、グルテンミール、かしこ、魚油、スピルリナ、植物油、米ぬか、海藻粉末、カロチノイド、アミノ酸(メチオニン)、ガーリック、生菌剤、ビタミン類(塩化コリン,E,C,イノシトール,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン)、ミネラル類(P,Ca,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)
  • 消化吸収をよくするひかり菌配合
  • 白色を美しくする原料が使われている
  • カロチノイド配合で紅白の金魚におすすめ

 

彩金魚の胚芽育成用

蛋白質 脂質 粗繊維 灰分
38%以上 4.0%以上 5.0%以下 13%以下

魚粉、オキアミミール、小麦胚芽、ビール酵母、大豆油粕、小麦粉、アルファルファミール、ガーリック末、魚コラーゲン、りん酸カルシウム、海藻粉末、キチンキトサン、植物多糖体、各種ビタミン、ミネラル、その他

  • 新鮮な小麦胚芽が使われている
  • 内臓脂肪の少ない健康的な金魚が飼育できる小麦胚芽
  • 低水温(12℃)前後でも餌を与えることができる

 

まとめ

雑食性の金魚にとって人工飼料のように動物性の材料・植物性の材料などの組み合わせは非常に理想的な餌になります

小麦胚芽は食物繊維が豊富に入っているので人工飼料に混ぜられることで消化吸収をよくします

胃のない金魚にとって消化吸収をよくすることで、排出される割合を減らし効率的に栄養価を吸収することができます

また、転覆病などの内臓脂肪の圧迫で胃袋異常を起こすことを軽減する役割もあるという方もいます

年中与えられる餌になりますので、小麦胚芽は金魚にとっては理想的な餌になります

この記事を書いた人