水質改善のポイント

ランチュウベビーゴールドの成分と評価を口コミレビューしてみた

ランチュウベビーゴールドの成分と評価は

金魚初心者に勧めたい餌と言えばランチュウベビーゴールドです

販売されてから37年という金魚の餌のロングセーラーです

リニューアルされて更にパワーアップされています

栄養価は高く、消化吸収にもよくなっています

らんちゅうだけでなく琉金などにも与えていましたが、大きく育てることができました

 

ランチュウベビーゴールドの評価は

ランチュウベビーゴールドの消化

ランチュウベビーゴールドの消化SSサイズ(左)Sサイズ(右)

金魚の餌でも消化効果は腸内環境を整えるという観点の餌が多くなっています

納豆菌、乳酸菌、酵母菌という菌を最適な割合で発酵させたのが新しくなったリニューアルしたところです

キョーリンは日本の餌メーカーでも餌研究は優れたものをもっています

その研究で配合された発酵エキスが消化吸収を助けて健康な金魚に育てることができます

この餌を当歳から2歳にかけて十分に与えたいところです

金魚の成長期に優れた餌を与えることで、大きさも見栄えもいい金魚に育てることができます

メーカーでは冬場の低水温での給餌については控えることを推奨されています

 

スピルリナの色揚げ効果

スピルリナの色揚げ効果

スピルリナが配合されています

スピルリナはラテン語で『ねじれた』『らせん形』という意味で藻類になります

藻類の形がねじれている形をしています

アフリカで生息しているフラミンゴはスピルリナを多く含んでいる餌を食べることで紅色になるとされていて、高タンパク質で栄養価が高いとされています

動物園のフラミンゴも色素を与えないとだんだん白くなっていきます

スピルリナにはカロテノイドという天然色素が入っています

黄色、橙色、赤色をもっている色素になります

また、オキアミミールなどの甲殻類も餌に配合されています

海老や鮭などにも天然の赤色色素があります

オキアミミールの入った餌は食いがよく、さらに天然色素でもあるカロテノイドがはいっています

カロチノイドもそのまま配合されていて、色揚げ効果をかなり考えられたものになります

らんちゅうベビーゴールドは成長する餌というイメージがありましたが、色揚げについてもかなり強化されている印象です

色揚げ効果のある餌を消化を助ける発酵エキスで金魚の体に取り込むことで色揚げ効果をだすように設計されていると思います

 

食いつきがいい

ランチュウベビーゴールドは食いつきが特にいいです

臭いは少し強めで配合されているオキアミールの匂いだと思いますが少し生臭いです

臭いが食いつきをよくしているのかは不明ですが、餌を争うように食べてくれます

色々な餌を試していますが、1,2を争う臭いです

ランチュウベビーゴールドの成分

ランチュウベビーゴールドの成分

餌の原料

  1. フィッシュミール
  2. 小麦粉
  3. 大豆ミール
  4. オキアミミール
  5. 魚油
  6. ビール酵母
  7. スピルリナ
  8. 海藻粉末
  9. 米ぬか
  10. アミノ酸(メチオニン)
  11. カロチノイド
  12. ガーリック
  13. 納豆菌
  14. 乳酸菌
  15. 酵母菌発酵抽出物
  16. ビタミン類(塩化コリン,E,C,イノシトール,B5,B2,A,B1,B6,B3,葉酸,D3,ビオチン,B12)
  17. ミネラル類(P,食塩,Fe,Mg,Zn,Mn,Cu,I)

 

餌の46%がタンパク質

タンパク質 46%以上

脂質         6%以上

粗繊維   5%以上

水分   10%以下

灰分   15%以下

りん   1.2%以上

非常に高たんぱくな餌に仕上がっています

キョーリンの高タンパク質な餌の素晴らしいところは蛋白質を単純にぶち込んでいるだけではなく、吸収率の高いアミノ酸を選んで配合されています

少々他の餌に比べて高価な価格帯ですが少しいい餌はやはり違います!

らんちゅうベビーゴールドの成分はどんな効果がある

蛋白質

金魚の餌の場合蛋白質は30%~50%になっています

かなり高たんぱくの餌です

蛋白質は20種類のアミノ酸でできています

中でも重要なものが必須アミノ酸で金魚の体には作ることのできないアミノ酸になります

キョーリンの餌は蛋白質の高いだけでなく、消化吸収の優れた必須アミノ酸が多く含まれています

キョーリンの餌は進化しているようです

 

脂質

金魚の餌で特に注意したいのが脂質です

脂質が全くなくてもバランスの悪い餌になってしまいます

また、脂質が多いと内臓脂肪がかなり増えてしまい不健康な金魚になってしまいます

 

灰分(かいぶん)

灰分はミネラルになります

金魚に必要なミネラルは14種類必要になっていて、研究された餌に配合されています

 

リン

リンは金魚の消化を助ける成分になります

元々、胃のない金魚にとって消化は非常に大変で栄養価を吸収させるためにもリンの助けが非常に有効です

 

水分

水分は10%以上になるとカビの原因になります

水分の含まれた餌は柔らかく消化を助ける役割があります

ランチュウベビーゴールドは触った感じがやや柔らかさがあり、絶妙な水分加減です

 

粗繊維

植物繊維が餌になっている部分になります

腸内環境を整える役割があり、重要な成分の一つといえます

 

まとめ

ランチュウベビーゴールドはロングセラーで37年間も愛され続けている歴史のある餌です

金魚愛好家から初心者まで非常に使われている餌になります

発酵エキスなどの新しい消化を補助するなどキョーリンにしかできないことが積み上げられています

 

単純に高たんぱく質というだけでなくバランスを考えた餌づくりをされています

安心して利用できる餌メーカーの一つですね

関連記事