水質改善のポイント

金魚の冬眠は青水なしでも大丈夫

金魚の冬眠は青水なしでも大丈夫

愛好家の中でも意見が分かれる冬眠中の青水

青水がないと冬眠させられないという方もいれば、更水でも問題なく冬眠できるという方もいます

 

結論からいうと青水が無くても問題なく冬眠させることができます

青水ではなく更水での冬眠について詳しく解説します

 

青水

青水とは

青水は種類があります

緑藻

珪藻

藍藻(らんそう)

すべてが金魚の飼育に向いているわけではなく、青水として利用できるのは緑藻珪藻になります

藍藻は金魚の飼育には不向きです

藍藻はニオイが強く発生するので飼育環境としては最悪で、シアノバクテリア (藍色細菌) という藻類というよりは菌類に分類されます

水質悪化した水槽やメンテナンスがされていない水槽で発生することが多いです

 

水質の富栄養化によって起きることで一部は藍藻毒を作り出すものもいます

冬眠には青水がいいと言われてても、初心者には青水の管理は非常に難しいと言えます

室内・屋内で金魚を冬眠させる

 

青水飼育のデメリット

青水飼育のデメリット

青水飼育では金魚が冬眠で死んでいてもわからないということもあります

また、青水は夜間は二酸化炭素を発生させます

 

金魚の飼育本などでは冬眠中はエアーレイションは切るように書かれていますが、青水飼育で酸欠ということもあります

 

青水飼育していると金魚の状態が非常にいいとよく言われますが、青水の管理がしっかりとできているからということもあります

 

まとめ

冬眠で青水飼育するのは初心者には難しいかもしれません

青水にはいい青水と金魚飼育には向いていない青水があるためです

青水の判断には経験が必要ですので、単に緑水だから大丈夫とは言えないようです

 

更水でも特に冬眠できないということはありません

また、金魚の状態もよくわかりますのでメリットもあります

静かに冬眠できるようにエアレイションは水流がでないようにするなどして、ゆっくりと冬眠できるようにしてみましょう

 

関連記事