ろ過

外掛けフィルターのみでエアレーションなし金魚飼育

外掛けフィルターのみでエアレーションなし金魚飼育

金魚飼育においてエアーレイションは必ず必要なものです

 

外掛けフィルターを取り付けることで、エアーレイションがなしでも飼育が可能になります

 

水槽セットなどでも外掛けフィルターだけでエアーレイションがついてないものも多くあります

 

エアーレイションなしでも金魚飼育可能?

飼育は可能です

 

飼育数が多い場合はエアーレイションは必要になります

 

温度によっても酸素の溶け込む量はかわってきますが、夏場の高水温時には酸素の溶け込む量がすくなくなります

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mikuma Yuki 三熊 勇希(@mikumayukisanxiong)がシェアした投稿

外掛けフィルターを使うことで、空気に触れる量が増えますので水に空気が溶け込みます

 

外掛けフィルターと金魚飼育

外掛けフィルターは投げ込みのフィルターに比べるとパワーが強いです

 

投げ込みフィルターなどの場合は金魚のフンが飼育水槽に目立ちますが、外掛けのポンプを使うタイプになるとろ過能力がアップして、フンがあまり目立たなくなります

 

また、フンの掃除もフィルターのろ材などを洗うだけで、掃除も簡単です

 

大食漢の金魚にはおすすめのろ過方法です

 

この投稿をInstagramで見る

 

はやや(@hayaya523)がシェアした投稿

金魚の飼育には水流は弱いほうがいい

 

金魚飼育の水流はできるだけ少なくするという方も多いと思います

 

金魚には丸物長物がいます

 

丸物は琉金・らんちゅう・東錦

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

金魚王子(きんぎょおうじ)(@kingyo.oji)がシェアした投稿

 

長物はコメット・ワキン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ほりいとと@きんぎょ(@horii_toto.kingyo)がシェアした投稿

などで、長物は少々の水流は問題ないようですが、丸物の場合は強い水流は好まない金魚が多くなります

 

外掛けフィルターもメーカーの商品によっても水流の強さが変わりますので、飼育する金魚に合わせた商品を選ぶことが大事です

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

金魚飼育で長年外掛けフィルターを利用していますが、ろ過能力は非常に魅力的です

 

ろ材もこだわれば飼育水を綺麗な状態で長く維持することができます

 

ぜひ、ご検討してみてください

関連記事